【全網羅】ブライドルレザー革財布のエイジング、方法やコツ、失敗例

【全網羅】ブライドルレザー革財布のエイジング、方法やコツ、失敗例

ブライドルレザーは耐久性、艶などが上質で目の肥えたビジネスマンにも人気の革です。

この記事では、ブライドルレザーの醍醐味であるエイジング方法や事例、失敗例などを紹介していきます。

ブライドルレザーの基礎知識

ビジネスシーンや贈り物としても人気の高いブライドルレザーはどういった革なのか解説していきます。

ブライドルレザーは歴史のある革

ブライドルレザーの歴史は古く、人間が馬に乗るようになった紀元前4000年頃が起源ではないかと言われています。

ブライドルレザーのタンナー(鞣し業者)は1000年以上前から存在しており、歴史の深さを感じさせます。

ブライドルレザーの加工は高い技術力が必要で、英国でも手掛けられるタンナーは数社のみと言われています。

堅牢で耐久性が高い革

元々耐久性が求められる馬具で使用されてきた歴史があり、その品質は歴史が証明しています。

お手入れ次第では何十年も使用する事が出来る革と言われています。

艶感の秘密は独特のブルーム

ブライドルレザーの表面には白い粉のようなものが付着しています。

これはブルームと呼ばれるもので蝋を染み込ませたワックスです。

これは耐久性を高める効果もあり、他にも撥水や汚れが付着しにくくなります。

使用していると自然とブルームは落ちてきますが、同時に革本来の美しい光沢感が出てきます。

この独特の経年変化はブライドルレザーならではの変化と言えます。

ブライドルレザーは贈り物にもおすすめ

ブライドルレザーを使用したアイテムは、楽天ランキング1位を獲得するなど贈り物としても喜ばれる逸品です。

革好きからも一目おかれる事間違いなしの革なので贈り物をする際には是非検討してみてください。

ブライドルレザーのエイジング方法

ブライドルレザーは植物由来のタンニンを贅沢に使用し、使い込む程艶が出るエイジングを楽しむ事が出来ます。

タンニンは柿やワインにも含まれているポリフェノールの一種で紫外線や酸素に触れる事で酸化がすすみ、色に深みが増していきます。

このようにブライドルレザーはエイジングを楽しめる革という事がわかります。

それではどのようにしてエイジングさせていくのかを解説します。

ブライドルレザーのエイジングに必要なもの

ブライドルレザーは使い始め、表面に塗りこんであるブルームがありますのでブラッシングだけで問題ありません。

状態にもよりますが、半年後ぐらいを目安にエイジングの作業を行っていきましょう。

用意するもの

  • 馬毛ブラシ
  • ケア用クリーム
  • クロス

普段定期的にメンテナンスされている方はそのケア用品でも問題ありません。

ブライドルレザーのエイジングに必要なケアの手順

ブライドルレザーのエイジングに必要なケアは簡単3Stepで出来ます。

慣れてくると数分で出来るようになり、ケアしていくうちにエイジングされていくので楽しみになります。

ケアもやりすぎはNGなので頻度としては月に1回ぐらいから様子を見るようにしましょう。

Step1 馬毛ブラシでブラッシング

革財布の表面を馬毛ブラシで全体を軽くブラッシングしていきます。

力を入れずに軽くブラッシングしてください。

革財布の中身も取り出して、カード入れ部分や小銭入れのマチもブラッシングします。

Step2 ケアクリームを塗りこむ

革財布の表面にケアクリームを薄―く塗っていきます。

あくまで薄くが基本なので、一気に塗りすぎないように注意してください。

塗りすぎた場合は、変色してしまう可能性があります

Step3 乾いたクロスで磨く

ケアクリームを塗った後は風通しの良い所で保管し、完全にケアクリームが馴染んだらキレイなクロスで磨いてください。

こうする事で革財布全体に、油分がいきわたり、キレイなエイジングへと結びつきます。

ブライドルレザーのエイジングを早める方法

エイジングを早めてかっこよくエイジングした財布を使いたい!と思う方もいるかと思います。

エイジングを早めるにはいくつかやり方があります。

使用頻度を高くする

革財布を取りだす時に、人間の手の油分が表面に付着してエイジングがすすみます。

人間の手の油は天然のオイルのような役割があります。

逆に使用頻度が低い革財布は人間の手の指との接触が少ないので、エイジングが遅いという事になります。

革財布は使えば使うほど味が増していく醍醐味はここにあります。

乾拭きやブラッシングを定期的に行う

表面に付着した汚れを取るためにクロスで乾拭きしたりしますがエイジングにはこの乾拭きや、ブラシでのブラッシングもかかせません。

こうする事で表面の油分がすみずみまでいきわたり、キレイに早くエイジングを行うのに一役買います。

ブライドルレザーのエイジングの失敗例5選

ブライドルレザーのエイジングは上記の通りなのですがいくつか注意点があります。

失敗例をいくつか紹介しますので、このような事は避けるようにしましょう。

失敗例1.ブルームがある時に手入れをしてしまう

ブルームが表面に付着した状態で防水スプレーをかけてしまうと水分でブルームが落ちてシミになってしまう場合があります。

ブルームは自然と落ちて艶感が増していくのでブルームが残っている間は基本的にケアクリームなどの手入れも不要です。

失敗例2.ケアクリームを塗りすぎる

ケアクリームを塗りすぎると、変色をおこしたり、革にハリがなくなりクタクタになってしまいます。

ケアクリームを塗るのは月に1回程度を目安にしましょう。

失敗例3.ひび割れに注意

ブライドルレザーは半年間ぐらいはブルームが付着しているのでケアは基本的に行わなくても問題ありません。

ただその後は他の革財布同様に定期的にケアする必要があります。

油分不足になると革がボロボロになり、ひび割れてしてしまうのでキレイにエイジングさせる為にも定期的にもケアクリームでケアしましょう。

重度のひび割れの修復は難易度が高い上に、元の風合いを復元する事は困難なのでリペア業者に依頼する事になります。

定期的にケアして保湿してあげましょう。

失敗例4.革財布をお尻のポケットに入れるのはNG

お尻に財布を入れっぱなしにすると汗をかいてしまい汗でシミになったり色落ちしてしまいます。

財布自体に圧力がかかって型崩れの原因にもなりますのでお尻のポケットには入れないようにしましょう。

ブライドルレザーの財布をエイジングしてみました

編集部で使用しているブライドルレザーの財布を1年間エイジングしてみました。

ブライドルレザーの財布はこちらの財布を使用。

GORBE(ゴルベ) ブライドルレザー ミニウォレット

手のひらサイズのブライドルレザーのミニウォレットです。

英国の創業1919年のメトロポリタンレザー社のブライドルレザーを使用しており堅牢で耐久性があります。

内側は英国伝統のタータンチェック柄を採用。小ぶりながら気品あふれる逸品です。

Before

購入したての頃はツルツルとした表面の質感と、革の芳醇な香りがします。

ブルームもたっぷり塗ってありエイジングた楽しみになります。

After

1年使用すると表面のブルームはほとんど落ち、色はより艶やかになってきました。

明るい茶色から光沢のある茶色に変化しつつあります。

普段使いしていたので、若干傷はありますが、財布のハリは変わっていないので堅牢さを感じさせます。

1年後にまたレビューしたいと思います。

おすすめのブライドルレザーの革財布

ブライドルレザーはエイジングが楽しめる革なので、贈り物としてもおすすめです。

ここでは贈り物としても喜ばれるおすすめのブライドルレザーを使用した革財布を紹介します。

英国製ブライドルレザー 二つ折り 財布 – BRITISH GREEN

販売累計120,000個超えの楽天市場で人気のブライドルレザーを使用した革財布です。

豊富なカラーバリエーションと、無料で名入れサービスを行っているので、母の日、父の日、誕生日など贈り物にもピッタリな商品です。

ホワイトハウスコックス ブライドルレザー 二つ折り財布

人気ブランド、ホワイトハウスコックスの定番アイテムのブライドルレザーを使用した革財布です。

パンツのポケットにも収納できる手頃なサイズ感。ブランドオリジナルギフト包装も行っていますのでギフトにもおすすめです。

COCOMEISTER(ココマイスター)ブライドル・グランドウォレット

ココマイスターのブライドル・グランドウォレットは累計販売本数5万本突破の人気商品です

表面はブライドルレザー、内側はヌメ革、ゴールドのファスナーが重厚感を醸し出します。

まとめ

ブライドルレザーの特徴や、ブライドルレザーをキレイにエイジングさせる方法がわかりましたね。

ブライドルレザーは財布以外にも様々なアイテムで使用されており、日本のレザー文化に無くてはならない存在だと言えます。

キレイにエイジングさせて、末永くブライドルレザーを楽しみましょう。

関連記事

カテゴリから記事をさがす