【メンテナンスガイド】革財布のクリーニングにおすすめの業者

【メンテナンスガイド】革財布のクリーニングにおすすめの業者

お気に入りの革財布を使っていると汚れてくるものです。

実は革財布も洋服のクリーニングのように、革製品に対応している業者に依頼する事でクリーニングする事が出来ます。

この記事では、革財布のクリーニングの、メリットデメリットやおすすめの業者の情報、納期、選ぶときのポイントなどを紹介していきます。

革財布が汚れる理由と原因

毎日使う革財布は使っているうちに、だんだん汚れてきます。

できればキレイな状態で使い続けたいですが、新品のような状態で使い続けるのは難しいです。

革財布が汚れてしまう一番の原因は手垢などによる黒ずみです。

汚れた手で革財布を触ると、汚れが酸化していき、黒ずみになります。

そのまま放置しておくとカビの原因にもなりますので、汚れた手で触らない、定期的にケアする事である程度予防する事が出来ます。

セルフクリーニングとクリーニング業者の違いを比較

使っている革財布が汚れてきたなと思ったらクリーニングに出す事を検討してみましょう。

革製品なのにクリーニング?と思われる方もいると思いますが、実は革財布もクリーニングにする事が出来るんです。

セルフクリーニングの特徴

セルフクリーニングは専用品を購入して好きな時にクリーニングする事が出来ます。

専用品を購入する必要はありますが気軽に利用できます。

セルフクリーニングのメリット・デメリット

セルフクリーニングのメリットは安価で出来る点です。

購入するアイテムにもよりますが、数百円でクリーニング出来る場合もあります。

反対にデメリットは、あまり大きな汚れは落ちない点、革が変色してしまう恐れがある点です。

セルフクリーニングできる状態はどこまで?

汚れが数十センチにも広がっている場合はセルフクリーニングで汚れを落とす事は難しいです。

というのも革の繊維の構造は複雑で、洋服などど異なり、変色したりシワが出来てしまう為高度な知識と技術が必要な為です。

あくまで数ミリ、大きくても1センチ程度での汚れの範囲であれば、セルフクリーニング可能です。

革財布のクリーニング業者の特徴

革財布のクリーニング業者はセルフクリーニングでは対応できない汚れもクリーニングできる場合があります。

革財布クリーニング業者のメリット・デメリット

メリット1 自分では落とせない汚れを落とせる

業者に依頼するとセルフクリーニングでは落とせない、ガンコな汚れも落とせる場合があります。

お気に入りの財布がピカピカになって帰ってくると感動しますよ。

メリット2 傷の修復やリペアもできる

クリーニング業者は、傷や色の補正、シミやカビ取りも行っています。

汚れ以外にも、多種多様なメンテナンス、メニューがありますので気になるメニューがある場合は一緒に修復を依頼する事が出来ます。

メリット3 商品の寿命が伸びる

これは業者に依頼する直接的なメリットではありませんが、キレイな状態で革財布を使い続ける事で財布の寿命が伸びます。

状態の悪いまま使い続けると、さらに悪化し財布の寿命が縮まるので、できるだけキレイな状態で使いましょう。

良いことばかりが書いてありますが反対にデメリットもありますので見ていきます。

デメリット1 費用がかかる

革財布の専門店に依頼すると結構な料金がかかります。

洋服のように数百円という訳にはいきません。

クリーニングは5000円程度がかかりますので、ちょっとした汚れならセルフクリーニングが安上がりな場合があります。

デメリット2 事故が起こる可能性がある

滅多にないと思いますが、業者に依頼して、変色してしまったり、破損してしまう可能性もゼロではありません。

1点ものでもう手に入らないもの、大切な人からもらったものなど愛着があるもののクリーニングは特に慎重に検討しましょう。

デメリット3 時間がかかる

業者に依頼すると、数週間は納品までかかります。

その間革財布が使えなくなってしまいます。

また、洋服のクリーニングでやっているような即日サービスなどもありませんので、急いでる場合には不向きです。

革財布のクリーニングには宅配と持ち込みの2種類がある

宅配クリーニングの特徴

宅配クリーニングは全国各地のクリーニング業者が対象なので自分で好みのみお店に依頼する事が出来ます。

また、クリーニングしたい商品は宅配便で発送するので、空いた時間に依頼する事が出来ますので便利です。

持ち込みクリーニングの特徴

持ち込みクリーニングは直接店員さんとコミュニケーションを取りながら進める事ができる点がメリットです。

お店の定休日や、事前予約など必要な場合がありますので事前に確認するようにしましょう。

革財布のクリーニング業者の価格相場

クリーニングの場合は大おおよそですが5,000円程度が目安になります。

その他のメニューの価格相場はこのようになります。

内容 料金
補色 8,000円~
カラーチェンジ 20,000円~
内装張替え 20,000円~
ファスナー交換 5,000円~
ほつれ修理 3,000円~

※店舗によって価格や出来る事は異なります。

また、ハイブランドの場合はブランドによりますが価格が高くなる場合がありますので、事前に問い合わせするようにしましょう。

クリーニングを依頼して戻ってくるまでの目安、所要日数

発注から納期までの期間ですが、最低でも2週間程度はみておきましょう。

大型連休や年末年始付近に依頼した場合は、さらに納期が伸びますので、余裕を持って依頼するようにしましょう。

革財布のセルフクリーニングのやり方

ここではセルフクリーニングの流れなどを紹介していきます。

上述の通りセルフクリーニングは数ミリ程度の汚れを落とすには検討する価値がありますが、大きな汚れの場合はプロのクリーニング業者に依頼してみてくださいね。

Step1 セルフクリーニングに必要なアイテムを用意する

クリーニングに必要なもの

ブラシ、専用のクリーニング剤、ケアクリーム、クロス、防水スプレー

Step2 表面の汚れを落とす

まずは革財布全体をクロスで乾拭きした後に専用のブラシでブラッシングして、表面の汚れを落としていきます。

コロニル 1909ファインポリッシングブラシ

Step3 革専用のクリーナーでさらに汚れを落とす

キレイな布にクリーナーを適量とり、汚れた部分に馴染ませるように塗ります。

革専用のクリーナーはたくさんありますので、汚れを落としたい素材に対応しているものを選びましょう。

塗り終えたら通気の良い日陰に置いてしっかり乾かします。

コロニル 汚れ落とし デリケートクリーム 50ml

Step4 ケアクリームで保湿する

完全に乾いた後は、ケアクリームを塗ってしっかり保湿します。

ZAPATEOオリジナル 100%天然原料 ケアクリーム

Step5 仕上げに防水スプレーをかける

最後の仕上げでキレイな布で満遍なく拭いていきます。

その後、防水スプレーをかけて表面を保護しましょう。

Collonil コロニル ウォーターストップスプレー

革財布をクリーニング業者に依頼する方法

革財布をクリーニング業者に依頼する場合、持ち込みクリーニングと、宅配クリーニングの2種類があります。

まずは、持ち込みクリーニングから見ていきましょう。

持ち込みクリーニング業者に依頼する場合

Step1 訪問する

依頼したい店舗を見つけたらまずは訪問しましょう。

事前に来店予約が必要な場合がありますので確認しておきましょう。

Step2 見積もり確認

現物を業者に見せながらクリーニングが可能か、別途オプションで何か必要かなど総合的に料金が決まります。

納期や料金などに問題なければ代金を支払います。

Step3 受け取り

作業後受け取る為に店舗に行きましょう。依頼したものと同じものを受け取ったか、依頼した通りに仕上がっているかなど確認しましょう。

宅配クリーニング業者に依頼する場合

Step1 概算見積もり

依頼したい業者が見つかったらサイト上からメール、LINEなどで見積を依頼します。

一緒に汚れ部分の写真も提示した方がスムーズです。

ここでおおよその見積もりが決定します。

Step2 宅配便で発送する

問題なければ商品を梱包して指定された住所に発送します。

業者によっては、梱包用の資材や、送り状を事前に送ってくれる場合もあります。

Step3 正式な見積もり

業者に現物到着後、正式な見積もりが提示されます。

問題なければ作業に入ります。
※依頼した後はキャンセルは出来ません。

Step4 返送

業者の作業完了後は返送されてきます。依頼した商品が返送されてきているか、依頼通りにクリーニングされているかなど確認しましょう。

革財布をクリーニング業者に依頼する際のポイントと注意点

革財布を業者に出す際はいくつかポイントがあります。

革財布の中身を確認する

クリーニングに出す前は必ず革財布の中身は確認して全て取り出してから依頼しましょう。

恐らくクリーニング業者でも確認してくれるとは思いますがうっかりメインのクレジットカードを入れたまま依頼してしまい行方不明になった。

という事にならないように気をつけましょう。

また、小さなお守りやストラップなども忘れずに外しておきましょう。

革財布の状態を把握しておく

依頼する前に革財布の汚れや傷などは把握しておきましょう。

出来れば複数枚写真を撮っておくといいです。

こうする事で最初からついていたのか、輸送中のものなのか、業者によるものかなどを判別しやすくなります。

商品が戻ってきたらすぐに取り出して革財布の状態を確認する

業者から戻ってきた革財布はしっかり状態を確認しましょう。

戻ってきたまま確認しないで放置しておくのはNGです。

依頼した通り、実行されているか届いたらすぐに確認しましょう。

保管は風通しの良い場所で行う

クリーニングで汚れが落ちてキレイになっても新品になったわけではありません。

長持ちするように保管の場所にも気を付けてください。

革財布の保管の基本は、直射日光の当たらない風通しの良いところで保管する事です。

革財布のクリーニングにおすすめの業者

編集部おすすめの革財布のクリーニング業者を紹介します。

基本的に1社だけでなく、複数の業者に相見積もりを行い総合的に判断するようにしましょう。

リナビス(宅配)



老舗60年のクリーニング業者なので安心して依頼が出来ます。

難易度の高い革の鞄以外にも革財布のクリーニングも行っています。

スムースレザーをはじめスウェードやクロコなどほとんどの素材に対応してくれます。

汚れが残っていた場合は、到着後1週間以内なら無料で再度クリーニングしてくれる保証サービスもあります。

料金 16,000円~(※1)
オプション なし
送料 往復送料無料(※2)
納期 最短1ヶ月
LINE見積もり なし
ブランド取り扱い 34ブランド以上対応可能、追加料金なし
支払い方法 クレジットカード支払い、NP後払い、代引き引換え(ヤマト運輸・佐川急便eコレクト)

(※1)クリーニング、傷修復、色補正、仕上げのセットのコース(カラーチェンジは受付不可)
(※2)北海道・一部離島 別途2,052円(税込み)、沖縄 別途5,940円(税込み)

クリーニングパンダ(宅配)



のべ120万人に以上に利用されており、創業63年の老舗クリーニング屋さんです。

一般的な洋服のクリーニングから、革財布や小物入れまで対応しています。

革財布のクリーニングは、コインケースの中でしっかり汚れを落としてくれます。

料金 クリーニング7,700円
オプション リカラー+4,400円
送料 北海道、一部離島、沖縄は別途送料
納期 14日程度
LINE見積もり あり
ブランド取り扱い 追加料金なし
支払い方法 クレジットカード、代金引換
参考事例 https://koshiba-cl.com/products/detail/17

革水(熊本県熊本市)

持ち込みも宅配も両方対応しています。

店名の通り、革に特化しており、熊本の水にこだわり水洗いしています。

機械ではなく、1点1点人間が手作業で対応する事で、革製品にストレスや
ダメージを最小限にクリーニングしていきます。

料金 クレンジング6,000円~
送料 発送時 元払い
受け取り時は無料
納期 3週間~1ヵ月
LINE見積もり なし
ブランド取り扱い ハイブランドの修復実績多数、追加料金なし
支払い方法 代引き引換え(ヤマト運輸)クレジットカード決済(PayPal) 銀行振込
参考事例 https://www.kawasui.com/before_after

失敗しない革財布のクリーニング業者の選び方

宅配クリーニングも含めると、たくさんの業者があるので迷ってしまう場合があります。

失敗しないクリーニング業者の選び方は下記の3点です。

  1. 革製品専用のメニューがある
  2. ホームページにビフォーアフターの画像が掲載されている
  3. 見積もり後のキャンセルができる

革製品と記載のない場合でも依頼できる可能性もありますが品質を考えると、革製品専用のメニューがあるクリーニング店がおすすめです。

また、自分と症状の近い画像がホームページにたくさん掲載してあるとイメージがつきやすくなります。

実際に依頼してみると思ったより高額になってしまったという場合は見積もり確認後にキャンセルできる業者をお選びください。

上記のような点に気を付けると失敗しにくいです。

まとめ

革財布が汚れてしまった時にクリーニングが出来る事がわかりましたね。

自分でクリーニングするか、革製品のクリーニング業者に依頼するかは革財布の状態によります。

お気に入りの革財布は少しでも長く使いたいもの。

定期的にクリーニングしてキレイな革財布を長く使いましょう。

東京23区の革財布リペア業者を探す

関連記事

カテゴリから記事をさがす