Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)の財布をレビュー、口コミ、評判、魅力、人気商品を紹介

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)の財布をレビュー、口コミ、評判、魅力、人気商品を紹介

メンズ革財布ブランドで高い人気を誇っているボッテガ・ヴェネタ。

上質な素材と唯一無二のデザインは一度見たら忘れられないほど素敵なんですよ。

そんなボッテガ・ヴェネタですから、本物志向の人やセレブたちに愛用されていることが多いようです。

本記事ではボッテガ・ヴェネタの魅力や口コミ、人気商品、歴史なども合わせてご紹介していきます。

Bottega Venetaの魅力

1966年北イタリアのヴィチェンツァで創業されました。創業者は

  • ミケーレ・タッデイ氏とレンツォ・ゼンジアーロ氏の二人が立ち上げた後、ほどなくして二人が退任。その後モルテド夫妻が経営者となった
  • 元々ローラ・モルテド氏とヴィットリオ・モルテド氏のモルテド夫妻が創業者

の諸説あります。

工房と言う意味の「ボッテガ」とヴェネト地方の「ヴェネタ」を組み合わせ、その名の通り今でも1つひとつ手作業で物づくりをしています。

創業から約55年とハイブランドの中では、比較的歴史は浅いですが、熟練革職人の伝統的技術と最高品質でバッグや革小物、ウエアー、アクセサリーなど多岐に渡って展開。

Louis VuittonやHermès、シャネルなどと肩を並べるハイブランドで芸能人やセレブたちからも人気があり、中でも革財布はビジネスシーンでもカジュアルでもシーンを選ばずに使えるので不動の人気を誇っています。

また、ボッテガ・ヴェネタは「自分のイニシャルだけで十分(When your own initials are enough)」というポリシーを掲げ、ブランドロゴを持っていません。

ロゴで自分を表すのではなく細かな技術や高いデザイン性、商品のクオリティーで自分を表すというボッテガ・ヴェネタ独自の哲学があるからです。

2001年にグッチ・グループの傘下に入り、グッチ・グループのクリエイティブディレクターだったトム・フォードがHermèsなどで活躍していたトーマス・マイヤーをボッテガ・ヴェネタのクリエイティブディレクターに任命(~2017年)。

トーマス・マイヤーを採用したことによってそれまでのボッテガ・ヴェネタにラグジュアリー感が加わり魅力が増し更に知名度が上がりました。

トーマス・マイヤーはボッテガ・ヴェネタになくてはならない存在と言っても過言ではないでしょう。

そして、ロンドンやパリ、ミラノ、ニューヨークなど各国に範囲を広げ店舗を展開。

今ではヨーロッパやアジア、オーストラリア、南米、北米と全世界を網羅し、直営店の数は43か国251店舗にものぼります。

トーマス・マイヤーが退任後、メゾンマルジェラやバレンシアガ、セリーヌなどで活躍していたダニエル・リーがクリエイティブディレクターに就任しました。

ダニエル・リーはイントレチャートを再解釈したバッグやシューズの展開や多くの新しいアイテムを提案。

2019年末には英国ファッション界最大の賞「The Fashion Awards」でDesigner of the yearとBritish Designer of the year(Womenswear部門)、Accessories Designer of the Yearを受賞。ボッテガ・ヴェネタもBrand of the yearに選出されました。

3年間ブランドに貢献したのち2021年11月10日に退任を発表。

後任は未発表です。次は誰がボッテガ・ヴェネタに新しい風を吹かせてくれるのか楽しみですね。

ボッテガ・ヴェネタといえばイントレチャート

ボッテガ・ヴェネタの顔ともいえるイントレチャート。

イントレチャートはボッテガ・ヴェネタが生み出した手法ではなく、イタリアに古くから伝わる伝統手仕事の1つなんです。

イタリア語で「手編み込み」を意味し、テープ状にした上質な鞣し革を手作業で編み込んでいきます。制作する為には手間と時間がかかり、高い技術が必要になるので熟練職人なしでは作り上げることができません。

上質なレザーを編み込んでいるからこそ他のブランドとは一味違った高級感と立体的な重厚感もあります。

ボッテガ・ヴェネタの革財布は主にカーフレザーやラムレザーを使用しているので、手馴染みが良くしなやかですが、耐久性が低いのが少し不安と言う人も。

ズボンの後ろポケットに入れたまま座ったりバッグにぎゅうぎゅうに詰めるなど乱暴に扱わず、きちんとお手入れしてあげれば5~10年は使えますよ。

また、ラムレザーよりもカーフレザーの方が耐久性は高いので、更に長く愛用したい人はカーフレザーがおすすめです。

Bottega Venetaの評判・クチコミ

イントレチャートのデザインが人気のボッテガ・ヴェネタ。愛用者たちは使い心地や満足感をどう思っているのでしょう。

大切な人への贈り物にしている人もたくさんいるようですよ。

良い口コミ

  • 手触りが柔らかく触り心地が抜群
  • 色艶も良く経年変化が楽しみ
  • 本革の芳醇な香りが良い
  • カードポケットは最初こそきついが、すぐに馴染んで使いやすい
  • とにかくかっこいい・おしゃれ
  • おしゃれな街に出掛けても恥ずかしくないくらいデザイン性が高く存在感がある
  • 見た目よりも軽い

この様に触り心地も使い心地も良く、見た目も良い。

高級感がありシンプルながらもブランドを主張し過ぎず落ち着いたデザインが高評価を受けています。

カーフレザーやラムレザーを使っているので、細かな傷が付きやすいのですが、基本的なお手入れをきちんと行なって、大切に使っていれば、5年も10年も愛用でき傷も目立ちにくくなります。

イントレチャートがほつれることも内側がひび割れすることもありませんよ。

もちろん使用感は出てきますが艶も張りも残ったまま。

また、贈り物として選んでいる人の中には「大人の男性として持っていてほしい」という理由が多く見られました。

男性だけでなく女性からも人気があり愛用している人も多いんですよ。そしてプレゼントしてもらった人に大喜びしてもらえたと多数報告されています。

イマイチな口コミ

  • ファスナーが硬め
  • コインポケットのファスナーがメインファスナーに引っかかる
  • ラウンドファスナータイプはカードを取り出すときにファスナー部分に当たって取り出しにくい
  • フラップタイプはカードをみっちり入れると真ん中のカードが取り出しにくい
  • 耐久性が低い

イマイチな口コミでは「ファスナーが硬い」「コインポケットのファスナーがメインファスナーに引っかかる」などファスナー問題や「カードが取り出しにくい」と言う意見が挙げられていました。

ボッテガ・ヴェネタのファスナーは他のブランドと比べて滑りが硬いと言う人が多くみられます。

ガチガチに硬くて使いづらいわけではないですが、初めてボッテガ・ヴェネタを使う人は多少びっくりしてしまうかもしれませんね。

気になるようであれば潤滑スプレーを柔らかい布などに染み込ませて塗り込んでください。

また、ラウンドファスナーの場合、内側にある小銭入れの引き手部分が外側に向いていると、開閉時に引っかかりやすくなってしまうので注意が必要です。

ラウンドファスナーからカードを取り出す際に、ラウンド部分にカードが引っかかり取り出しにくいことがあります。

しかし、これはボッテガ・ヴェネタに限らずラウンドファスナーだから引っかかりやすいというデメリットかもしれません。

実際、私もCOACHのラウンドファスナーを使っていた時にうまく出すことができず、モヤッとしたことが何回もありました。

フラップタイプの長財布はカードポケットが8個など見た目以上に収納力が高いのですが、革が馴染んでくるまでは全部の箇所にカードを入れてしまうとギチギチになり、真ん中に入れたカードが取り出しにくくなってしまいます。

使っていくうちに革が馴染みますし、収納する数は減ってしまいますが、1つおきにカードを入れる方法もありますよ。

そして「ボッテガ・ヴェネタは耐久性がイマイチなんだよね」という意見も聞こえてきますが、革の性質上、きめ細かく柔らかなものを使っているので、他のマテリアルと比べると傷が付きやすくはあります。

ただ、日々のお手入れや1~2ヵ月に1回のお手入れをしっかりと行えば傷も目立ちにくく、色艶も深みが出てきますしひび割れなども防げます。

また、ジーンズの後ろポケットやギュウギュウ詰めのバッグに無理やり入れるなど乱暴に扱わなければ簡単に擦り切れることもありません。

お手入れはレザーオイルを柔らかい布に少量とって伸ばしていきましょう。

大量のオイルを塗ってしまうとシミの原因になりますし、網目に入り取り除くのにも手間がかかってしまうので気を付けてくださいね。

Bottega Venetaの人気商品

ボッテガ・ヴェネタを代表するイントレチャートは様々な大きさや表現がなされ革を編み込んだイントレチャートの他に、イントレチャートをラバーで表したものなどバリエーションも豊富です。

ダニエル・リーがデザインした「マキシイントレチャート」は、伝統はそのままに網目が大きくモダンでポップな印象が人気を誇っています。

今までのイントレチャートの気取らない控えめな美しさとはまた一味違う印象です。

そしてデボスイントレチャートは一枚革に柄を凹ませるような加工をしてイントレチャートの網目模様を表現しています。

奥行きと立体感が魅力でボッテガ・ヴェネタの中でも人と被りたくない人におすすめのデザインです。

イントレチャートはもちろんマキシイントレチャートやデボスイントレチャート、ラバーイントレチャートと表現が違うだけで雰囲気も変わってどれにしようか迷ってしまいますね。

ボッテガ・ヴェネタの革財布では、ブラックやブラウンの落ち着いたカラーが人気ですが、「キウイ」や「ダークレッド」、「マラード」、「トマト」といった人目を釘付けにするようなカラーも素敵なんですよ。

自分の中で一番心が躍るカラーを見つけてくださいね。

代表的なイントレチャートやポップな印象のマキシイントレチャートなど様々なデザインがありますが、中でもどの革財布が人気なのでしょうか。

ボッテガヴェネタ ジップアラウンドウォレット

ボッテガヴェネタで使用している革の中でも最もベーシックなカーフレザーを使用した長財布。

カーフレザーとは生後6ヵ月以内の子牛の革のことで、軽くてやわらかい手触りが特徴です。

大き目のイントレチャートが施されたデザインは、見る人に上品で高級感のある印象を与えます。
札入れは2つあるので、お札を分けて収納したり領収書も折らずに入れておけます。

ビジネスシーンでもプライベートでもマルチに活躍する長財布を探しているのであれば、ジップアラウンドウォレットがおすすめです。

素材 牛革(カーフ)
サイズ 10cm×19cm×2cm
仕様 札入れ×2 ファスナー付き小銭入れ×1 カードケース×8 コンパートメント×2
カラー ブラック

ボッテガヴェネタ 小銭入れ付き財布

外側には濃淡に差のある2色のレザーが編み込まれており、大胆でグラフィカルなデザインに仕上がっています。

内側には明るめのカラーが用いられており、外側とは異なる印象を楽しめます。

財布の構造は札入れ・小銭入れ・カードポケットが付いた使い勝手の良いタイプです。

シンプルな服装に大胆なデザインの財布をファッションに取り入れることで、おしゃれであか抜けた印象に仕上がります。

素材 牛革(カーフレザー)
サイズ 9.5cm×11cm
仕様 札入れ×1 ホック付き小銭入れ×1 カードケース×4 内ポケット×2
カラー 2色(ブラック×グレー ダークネイビー×ブルー)

ボッテガヴェネタ 札ばさみ 123180 V4651 1000

電子マネーやクレジットカードが普及した現代では、「小銭入れはいらない」と考えている人も多いのではないでしょうか。
そんな人にはボッテガヴェネタの札ばさみがおすすめです。

ご紹介する札ばさみは札入れとカードポケットだけが付いたシンプルな構造です。
余計なポケットや小銭入れが付いていないので、厚さはわずか5mm。
ポケットに入れてもかさばりません。

普段現金を持ち歩かなかったり、小銭入れと札入れを分けて持ち歩きたいのであれば、札ばさみを使ってみるのもいいかもしれません。

素材 牛革
サイズ 9cm×11cm×0.5cm
仕様 札止めクリップ×1 カードケース×6
カラー ブラック

ボッテガヴェネタ 三つ折り財布 651372 VCQC1 8425

ざっくりしたイントレチャートが印象的な三つ折り財布。

片手に収まるコンパクトな作りが魅力的です。

黒色の革が使われたシンプルな見た目の財布ですが、内側にはゴールドのファスナーが付いており、ほどよく手元を彩ってくれます。

財布自体のサイズは小さいですが、収納力は抜群。

札入れ・小銭入れに加え、カードケース6個と内ポケット2個が付いています。

普段小さめのカバンを持ち歩いたり、そもそもカバンを使わない人におすすめです。

素材 牛革 羊革
サイズ 9cm×12cm×4cm
仕様 札入れ×1 ファスナー付き小銭入れ×1 カードケース×6 内ポケット×2
カラー ブラック

ボッテガヴェネタ コインケース 114075 V4651 1000

ラウンドファスナーが付いたシンプルなコインケース。

カードケースや札入れが一切ついておらず、小銭の収納に特化しています。

外側には大き目の引き手が付いています。

ワンポイントのアクセントとしてもすてきですが、なによりファスナーが開けやすくなるので使い勝手の部分でもばっちり。

「札入れやカードケースは別で持ち歩いている」
「小銭入れだけを持ち歩きたい」

こういった人には最適な小銭入れです。

素材 牛革(カーフ)
サイズ 7cm×10.5cm×2cm
仕様 小銭入れ×3
カラー ブラック

ボッテガヴェネタ 二つ折り財布 193642 V4651 4013

小さめのイントレチャートが施された二つ折り財布。

右手に小銭入れ、左手にカードポケットの付いたベーシックで誰にでも使いやすい構造になっています。

2つの札入れに加え、内ポケットも付いているので収納力は抜群です。

カラーは深みのあるダークネイビー。ブラックと比べるとやわらかさがあります。

シックで落ち着いたカラーなので、休日だけでなく会社でも使用できます。

素材 牛革
サイズ 9.5cm×11cm×2.5cm
仕様 札入れ×2 ホック付き小銭入れ×1 カードケース×4 内ポケット×2
カラー ダークネイビー

ボッテガヴェネタ 札入れ 113993 VCET1 1184

お札とカードの収納に特化した札入れ。

札入れは2つ付いているので、片方を領収書入れに使えます。

それとは別に内ポケットも2つ付いているので、メモやチケットなどちょっとしたものも一緒に持ち歩けます。

特徴的なのは外側のイントレチャートに施された刺繍です。

刺繍自体は大胆ですが、モノトーンなので派手になりすぎずカジュアルな印象があります。

おしゃれなデザインの札入れはプライベートシーンでの使用に最適です。

素材 羊革(ラム)
サイズ 9.5cm×11cm×2.5cm
仕様 札入れ×2 カードケース×8 内ポケット×2
カラー ネロ

ボッテガヴェネタの財布のよくある質問

ボッテガヴェネタの財布の購入層は?

20代〜40代の購入層が多いです。

タレントやモデルが愛用していることもあり、若い世代にも人気なブランドです。

ボッテガヴェネタの財布の多くはイントレチャートが用いられており、おしゃれで華やかな印象に仕上がっています。

そのため、粋なデザインを求める20代〜40代が購入しています。

ただ、シックで落ち着いたカラーのイントレチャートの財布は50代以上にもよく似合います。

購入層にとらわれすぎず、自身に似合うデザインを探してみてはいかがでしょうか。

ボッテガヴェネタの財布の特徴は?

ボッテガヴェネタの財布には、大きく分けて2つの特徴があります。

  • 「イントレチャート」と呼ばれる技法により、編み込まれたレザー
  • ロゴがない

革を丁寧に編み込む技法「イントレチャート」が用いられているのが大きな特徴です。

財布の多くにこの技法が取り入れられており、ボッテガヴェネタの代名詞として知られています。

また、ボッテガヴェネタは商品にロゴがついていません。

これはブランドの思想によるもので、「ブランドを主張するロゴはいらない。持ち主のイニシャルで十分」という考えが反映されています。

洗練された「イントレチャート」が施された財布は、ロゴがなくても見る人が見ればボッテガヴェネタの財布であることがわかります。

ボッテガヴェネタの財布で使用している素材は?

ボッテガヴェネタの財布は主にレザーが使用されています。

使用されている代表的なレザーは以下の4種類です。

  • カーフレザー
  • ラムレザー
  • フルグレインディアスキン
  • プレシャスレザー

カーフレザーとは生後6ヵ月以内の子牛の革のことです。

ボッテガヴェネタの財布に使われている革の中では最も標準的なタイプで、単色のイントレチャートの財布の多くに使われています。

ラムレザーとは生後1年未満の子羊の革のこと。

すべすべとした肌触りと控えめな光沢が特徴的なレザーです。

滑らかでやわらかいので、扱いや手入れはカーフレザーより気を遣う必要があります。

フルグレインディアスキンは「チェルボ」シリーズに使われています。

ディアスキンとは主にメスの鹿から取れる革のことで、「革のカシミヤ」とも呼ばれています。

そんなディアスキンの中でも質の良い部位であるフルグレインレザーを使用しており、しっとりとした手触りが楽しめます。

プレシャスレザーとは、ワニ革やトカゲ革など希少な革のことです。

ボッテガヴェネタではワニ革とイントレチャートを組み合わせたシリーズなどを販売しています。

ボッテガヴェネタならではのプレシャスレザーの使い方をした財布は、ワニ革・トカゲ革好き必見です。

ボッテガヴェネタの財布がおすすめな人は?

編み込まれたデザインが人気のボッテガヴェネタの財布。

ボッテガヴェネタの財布は以下の財布を探している人におすすめです。

  • 質の良い革財布が欲しい
  • 革の経年変化を楽しみたい
  • 粋で他にはないデザインの財布が良い
  • 知る人ぞ知るハイブランドが良い
  • イタリアのブランドが好き

ボッテガヴェネタに使われている革はどれも質が良く、使うほどに変化が楽しめます。

そのため、おしゃれで質の良い革財布を探している人におすすめです。

知る人ぞ知るイタリアのハイブランドの財布が使いたい人も、ボッテガヴェネタの財布を検討してみてはいかがでしょうか。

ボッテガヴェネタの財布の価格帯、予算、相場は?

ボッテガヴェネタの財布の価格帯を公式サイトで調査しました。

購入時の参考にしてみてください。

長財布(かぶせ蓋)
77,000~110,000円

長財布(ラウンドファスナー)
77,000~110,000円

二つ折り財布
53,900~68,200円

ミニ財布
38,500~79,200円

高くても110,000円と、ルイヴィトンやプラダと比べると手に入れやすい価格帯です。

長財布を買いたい場合は100,000円前後、二つ折り財布やミニ財布が買いたい場合は50,000円前後の予算を組むのがおすすめです。

ボッテガヴェネタの財布のアウトレットはある?

ルイヴィトンよりは低い価格帯とはいえ、決して安い買い物ではないボッテガヴェネタの財布。

実は、ボッテガヴェネタにはアウトレット店舗があります。

ボッテガヴェネタが出店しているアウトレットは下記の6つです。

軽井沢 プリンスショッピングプラザ
長野県 北佐久郡 軽井沢町 軽井沢軽井沢プリンスショッピングプラザ
https://www.karuizawa-psp.jp/

三井アウトレットパーク 木更津
千葉県 木更津市 金田東 3-1-1 三井アウトレットパーク木更津
https://mitsui-shopping-park.com/mop/kisarazu/

佐野プレミアム・アウトレット
栃木県佐野市越名町2058
https://www.premiumoutlets.co.jp/sano/

御殿場プレミアム・アウトレット
静岡県 御殿場市 深沢 1312
https://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/

神戸三田プレミアム・アウトレット
兵庫県神戸市北区上津台(こうづだい)7-3
https://www.premiumoutlets.co.jp/kobesanda/

三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島
三重県 桑名市 長島町 浦安 368 三井アウトレットパークジャズドリーム長島
https://mitsui-shopping-park.com/mop/nagashima/

現物を見ながらお得に買い物したいのであれば、アウトレットの店舗に行ってみてください。

Bottega Venetaのレビュー、口コミ、評判まとめ

編み込みデザインが魅力的なボッテガ・ヴェネタ。

その特徴的なデザインはハイブランドの中でも唯一無二の存在です。

今では網目の大きさや素材による様々な表現がなされ、編み込み一つとっても表情が変わり面白みが増しました。

高品質な素材を使っているので高級感もあり、大人の男性にピッタリです。

使われているカーフレザーやラムレザーは傷などがつきやすい性質を持っているので、メンテナンスをしっかりと丁寧に扱うことで、長く愛用できます。

本記事を参考にお気に入りのボッテガ・ヴェネタの革財布を見つけてくださいね。

関連記事

カテゴリから記事をさがす