1. TOP
  2. 物流アウトソーシング
  3. 醍醐倉庫はここが違う!

醍醐倉庫はここが違う!

ダイゴに物流をアウトソースしてから、売上を10倍に伸ばすことに成功したA社のケース

もともとオフィスの一部に在庫を置いて、自分達で入出庫作業を行っていたA社。
物量が増えるとともに、オフィスに置ききれなくなったと同時に、入出庫作業や在庫管理が煩雑になり、
誤納や納品遅延などのクレーム対応に負われる日々。
提案書にてシステム面、在庫管理面、価格面を、倉庫見学にて作業品質面を、確認いただき総合的に判断の上、
複数の中から当社をお選びいただきました。

稼動前においては、何度も物流ミーティングを開催。システム連携方法をはじめ、
商品移動方法や作業方法(マニュアル)はもちろん、
商品特性や必要資材等、チェックリストを基に漏れなく確認しました。
これにより、稼動後もスムースにアウトソースに移行することができました。
稼動後も定期的に物流ミーティングを開催。商品特性に合わせたバーコードシールの提案、導入。
梱包用資材の提案、導入などを経て、順調に推移。当初A社が抱いていた問題は解決され、販促に注力できるようになった。

いよいよ販促が実を結び、半年間で入出庫、在庫とも稼動当初の10倍以上となったことで、
不良率の少なかった検品作業を全検品から割合検品へ簡素化するなどの作業改善や人員も大幅に増員し、
作業体制の見直しなどを積み重ね、大きな波動にも対応することができました。


出荷誤差率の低下

出荷誤差率の低下

物流業務のなかでとくに気になるのが出荷誤差。誤差率0を目指すために様々な取り組みを行っています。宅配便向け送り状と納品書の一体化や、上記の作業効率化の取り組みと合わせて誤差率の低下を実現しています。

作業効率の向上

作業効率の向上

醍醐倉庫では常に作業効率、処理能力の向上を図る為の仕組みを設けています。自動補充リストや現場改善といった取り組み、ローケーションの細分化と大小にわたって行うことで、1日の出荷能力の向上など結果が出ています。


物流ミーティングの開催

物流ミーティングの開催

導入後の物流について月次毎の報告や、次にどうするかといったことにしっかり取り組むために物流ミーティングを開催しています。一緒にPDCAサイクルを回すことによって、より効果的な物流業務を安心して運用できます。

販売管理システム

受注から入金まで、販売業務に関するすべての情報を一元管理する販売管理システムです。
販売管理業務の効率化・精度アップを図り、収益向上を実現します。
ウェブブラウザでの運用ですので、インターネットに接続できる環境さえあれば、場所を問わず在庫確認や受発注作業等を行うことが可能です。

pic_system02.gif

pic_storage01.jpg

pic_storage02.jpg

段ボール資材の共通化で低コスト実現

段ボール資材の共通化で低コスト実現

物流で意外とコストがかかるのが段ボールや梱包材といった資材です。たくさん出荷できるのは嬉しいけれど、できれば原価を抑えたい。そこで醍醐倉庫が皆様に変わって段ボール資材をご用意することで仕入れコストを削減いたします。また資材を共通化することで梱包の際のノウハウも共有することができ、運送コストの削減などといった面でも貢献できます。

バザールによる過剰・滞留・不良在庫の処分

pic_logistics_bazaar.jpg

「仕入れをした時は売れると思ったけれど、こんなに残ってしまった」
「賞味期限が残り少なくなってきて一般の小売には販売できない、若干の汚れがあり不良在庫となってしまった商品がある」
といった過剰在庫、滞留在庫。作りたくないけれど、商売をしている上ではどうしても出てきてしまいます。そうしたお客様の声にお応えして、弊社では毎年1回倉庫の1階構内を開放してバザールを開催しています。
子供用のイベントも開催するなどして、地域のみなさんからは「今年はいつやるんですか?」といった問い合わせが多数あるほど、集客力抜群です。
廃棄するなら、バザールで販売し、現金化して在庫の削減を進め、是非身軽になってご商売をされて下さい。

バザールについて詳細はこちら

海外転売による滞留在庫の処分

pic_logistics_resale.jpg

「仕入れをした時は売れると思ったけれど、こんなに残ってしまった」
「売れ残り商品の保管コストが気になる...」
「廃棄処分するにしてもコストがかかるし...」
「叩き売りしたくても国内ではいろいろと悪影響があるかも...」

過剰在庫、滞留在庫。作りたくはないけれど、商売をしている上ではどうしても出てきてしまいます。
そうしたお客様の声にお応えして、弊社では東南アジアを販売拠点とした海外転売を仲介しています。
環境にも配慮し、在庫コストも抑えられます。

海外転売について詳細はこちら

03-3752-8888

メールでのお問い合わせはこちら
倉庫見学のお申し込みはこちら